雑誌 Ocarina vol.15

[特集]
基礎力アップを目指して全音域で安定した音を出そう!
石井幸枝/江波太郎/特別編:宗次郎
Ocarinaは音域によって息の入れ方が異なります。これは、高音域では音程が低く、逆に低音域では音程が上がる傾向にある楽器が多いからです。そのため、高・低音域の音の出し方はみなさんの悩みの一つになっているのではないでしょうか。そこで今回は、プロ奏者の江波太郎さん、石井幸枝さん、そして特別編として宗次郎さんに安定した音の出し方をレクチャーしてもらいます。

[Special Interview]
宗次郎~Ocarina生活40周年を振り返る~
Ocarinaの第一人者、宗次郎氏が運命の楽器との出会いを果たしてから40周年を迎えた。NHK特集「大黄河」のヒットから現在までの功績は誰もが知るところだが、今回は原点ともいえるOcarinaとの出会いについてお話を伺った。

[Close Up Ocarina]
オオサワオカリナ
新たなOcarinaの可能性を追求!

[Report]
2015年 オカリナ七重奏団G.O.B.来日ツアー
Ocarina発祥の地イタリア・ブードリオの合奏団「G.O.B.(ゴブ)」が昨年に続き2度目の来日を果たした。G.O.B.は1864年結成の合奏団で、メンバーは代々、ブードリオのオカリナ学校で教育を受けた優秀な奏者が務める。 今回も広島、静岡、東京、愛知、兵庫の各都市で公演が開催された。

[Report]
みんなで楽しくOcarina交流会 in白馬
Ocarina誌創刊5周年を記念し、Ocarina愛好家の皆さまにもっと演奏を通じて絆を深めていただきたい……そんな想いから実現した今回の交流会イベントでは、“ぽぽるて”のメンバー4名をゲスト講師に迎え、全国から13名の愛好家の方々が集まりました。その3日間の様子をお伝えしましょう。

[連載]
オモシロOcarina大公開(第12回)
オモシロOcarina大公開!!”の第12回目は、ペルー生まれの“フェアトレード”Ocarinaを紹介します。

大沢聡の音楽を語る!(第2回)│大沢聡
Ocarinaでは童謡やクラシック、ポップスなどがよく演奏されるが、ほかにもジャズ、ラテン、ロック、演歌などなど、様々な音楽ジャンルがある。その 様々な音楽ジャンルの解説から演奏方法まで大沢氏に聞くというのがこのコーナー。 第2回目は昨年、大沢氏がテーマに掲げていた“ロック”を紹介しよう。


教えて! オカリナセブン(第8回)│オカリナセブン
Q. 曲の中でスラーをきれいにつけるには、どうしたらいいですか? 特に長いフレーズのスラーだと、音にメリハリをつけづらく、輪郭がぼやけたような感じの演奏になってしまっている気がします。

今さら聞けない 基本の「キ」(第12回)|田島 篤
新曲に取り組む場合の練習法について

今日からチャレンジ!
オカリナ・アンサンブル(第14回)小山京子
♪秋桜 (山口百恵 歌)
[2AC AF]

[第5回]
エッセイ&4コマ漫画
丘りなちゃんが行く!
毎回みなさんのOcarinaに関する素朴な疑問やお悩みを4コママンガとして紹介しています。
第5回目は、年と共に視力が落ちてきたがために、ついやってしまう拡大コピーについて紹介します。

みると式レッスン
「おっかしーなオカリーナ」(第15回)|みると
 ~キレイな音色を出したい<実践編・前編>~
現地レポート:クメール・オカリナ・プロジェクト

明田川荘之の
スウィングしなけりゃ意味ないね!(第12回)|明田川荘之
♪南部牛追唄

もうひとつのOcarina物語(第8回)│植田篤司
テレマン楽器(後編)
本誌でもおなじみの植田篤司氏をナビゲーターとして、Ocarina界に貢献してきた人物や団体を紹介していく本コーナー。第8回目も前号に引き続きテレマン楽器さんに登場いただきます。

オカリナよもやま話(第14回)│植田篤司

Ocarina工房におじゃまします!
第5回 オカリナ工房「庵(いおり)」(神奈川県横須賀市)
神奈川県横須賀市の製作者、庵の永島 敦子さんの工房をお訪ねしました。

¥ 1,890

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコDM便

    全国一律 216円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。