雑誌 Ocarina vol.21

息が続かないのはどうして?ブレスの仕方で変わる!?
美しい音楽表現のための正しい息の使い方
Ocarina愛好家の中には、息が長く続かない、息が安定しない、息が十分に吸えないといった、息の使い方に関する悩みを持つ方が数多くいます。そこで、今回は息の使い方を紹介。ニューアルバム「RAINBOW」が完成した小林洋子さんと、第4回日本オカリナコンクールのデュエット部門1位を獲得した“アサキとカオリ”のお二人に聞きました。

私にもできた!
JVCレッスンマスター カンタン!レシピ ♫

[短期集中連載企画1]
プロとしてのOcarina Life
演奏家や講師など、Ocarinaのプロとして活動している皆さんに、“プロとしての活動”をテーマにした質問に答えていただきました。

[短期集中連載企画2]
愛好家のOcarina Lifeに迫る
Ocarina愛好家のOcarina Lifeに迫る特別企画。第2弾となる今号では「Ocarinaを始めたきっかけ」「Ocarinaを続ける原動力」について大公開!

大沢聡の音楽を語る!|最終回
Ocarinaでは童謡や唱歌、クラシック、ポップスなどがよく演奏されるますが、他にもジャズ、ラテン、ロック、演歌などなど、様々な音楽ジャンルが存在します。
これら様々なジャンルの音楽をOcarinaで演奏してきたのが大沢聡氏。
そこで、読者のみなさんのレパートリーをさらに増やすべく、様々な音楽ジャンルの解説から演奏方法まで大沢氏に聞くというのがこのコーナー。残念ながら今回で最終回となります。ご愛読ありがとうございました。

教えて!オカリナセブン(第13回)|オカリナセブン

[Topics]
◎第4回日本オカリナコンクールを終えて
◎第10回森の国オカリナフェスティバル
◎第4回楽しいオカリーナコンクール 受賞結果

今日からチャレンジ!

オカリナ・アンサンブル(第21回)|小山京子
『白いブランコ』(ビリー・バンバン 歌)
[2AC AF BC]

[特別企画]
第2回日本オカリナアンサンブルコンクール
課題曲演奏ポイント
6月25日(日)に「日本オカリナアンサンブルコンクール」(日本オカリナ協会主催)が開催されます。前回2015年に続いて2回目の開催で、本コンクールは隔年で開催されています。出場資格がアマチュアに限られていること、アンサンブル(合奏)のみのコンクールであることが特徴です。オカリナを手に取って、演奏し始めてお仲間と一緒に合奏した時、一体となった良い演奏ができた! そんな経験から、もっと上手くなりたいと思われたことはありませんか?
そういう皆様にお応えしようという目的で行なわれています。
ここでは、コンクールを直前に、審査委員長の田島篤氏(指揮者・作編曲家)に課題曲攻略のヒントを解説していただきました。コンクールに出場する方はもちろんですが、オカリナをお仲間と一緒に吹く皆さんにとって、心地よいハーモニーを奏でるヒントになると思います! ぜひ、ご参考にしてみてください!

みると式レッスン
「おっかしーなオカリーナ」(第21回)|みると
今回は第19回からの続きとなるヴィブラートを解説していきます!

明田川荘之のスウィングしなけりゃ意味ないね!(第18回)|明田川荘之
♪黒いオルフェ

もうひとつのOcarina物語(第13回)|植田篤司
70歳からOcarinaを始め、現在指導者として精力的に活動を続けている本城さん。今回の後編では、現在の活動や指導法、今後のOcarinaの展望などについて興味深いお話を伺いました。

オカリナよもやま話(第20回)|植田篤司

[Special Report]
NIGHT Ocarina Orchestra 6th 定期演奏会
韓国Ocarina界で活躍する美人奏者 Cho Eun Juさん 後編

[Gear Report]
Ocarinaの概念を覆すニューモデルが誕生!
イカロス・オカリオーソ
世界初のトリプルオカリナを開発した波多野杜邦氏が、従来のOcarinaの概念を覆すような楽器を開発した。それがオカリオーソだ。
オカリオーソとは、Ocarinaとarioso(“歌うように”という音楽用語)を組み合わせた造語で、管体のサイドにあるスリット状の開口部を、指全体を使って開閉し、微細な音程を無段階でつくれるという楽器。イカロスの生みの親であり、現在特許出願中のオカリオーソの開発者でもある同氏にこのニューモデルについて訊いた。

Ocarina工房におじゃまします!(第11回)
Ocarina製作者としても知られる、ひぐらしオカリナの鈴木のぼる氏と、Thousand Leavesの千葉稔氏が、Ocarina工房におじゃまするというコーナー。
Ocarina製作者としての視点でOcarina工房に取材します。今回は、本誌でもおなじみの「オカリナ風土」におじゃましました!

¥ 1,890

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコDM便

    全国一律 216円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。